歌舞伎俳優、市川海老蔵さんの妻で、乳がんの治療を続けていることを公表していたフリーアナウンサーの小林麻央さんが亡くなりました。34歳でした。


https://ameblo.jp/ebizo-ichikawa/entry-12286229989.html



小林麻央さんは東京出身で、大学生のころから芸能活動を始め、民放のバラエティー番組にレギュラー出演したり天気情報のキャスターを務めたりするなど、タレントとして活躍しました。
大学卒業後はフリーアナウンサーとしてニュース番組の司会などを務め、平成22年に歌舞伎俳優の市川海老蔵さんと結婚しました。

その後は芸能活動を控えて2人の子どもの子育てに専念していましたが、去年6月、夫の海老蔵さんが会見し、麻央さんが乳がんと診断されて2年近く治療を受けていることを明らかにしました。去年9月にはブログを開設して、闘病生活や家族とのやり取り、それに日々の心境などを詳しくつづり、大きな反響を呼びました。
11月にはイギリスの公共放送BBCが、このブログががん患者だけでなく多くの人を勇気づけたとして、麻央さんを世界の人々に影響を与えた「ことしの女性100人」に選んでいます。

ブログによりますと、麻央さんは手術や放射線治療を受けたあと、ことし1月には退院の報告をしていましたが、4月に再び入院したことを明らかにしていました。その後、先月29日に退院し、在宅医療を続ける様子をつづっていました。

海老蔵さんは、23日正午からみずからが主催する公演に臨んだあと、午後2時半から記者会見を行う予定です。


小林麻央さん亡くなる | NHKニュース


 


 


小林麻央 2006年度 カレンダー


市川海老蔵さんは仕事のため、動けないそうです。


8月中旬から休みに入れそうだったので、あと少しで休みだったのに・・


 f:id:freedomyome:20170623150857j:plain


なんか|ABKAI 市川海老蔵オフィシャルブログ Powered by Ameba


 


 


歌舞伎俳優の市川海老蔵(39)が23日午前7時54分、公式ブログを更新し、「人生で一番泣いた日です。」と、深刻な事態が起こったとも推察できる内容を記した。


 海老蔵はこの日朝、午前5時59分、6時17分、6時58分にブログを投稿した。


 「おはようございます」「朝の日課」「あさひ」と題されたこの3本はお茶を飲んだり台本を覚えたりといった通常と変わらない内容。「朝の日課」「あさひ」には写真も添えられていたが、4本目となる「2017/06/23」と題した投稿で「人生で一番泣いた日です。」と、突然トーンが変わった。


 続けて「マスコミの方々もお察しください。改めてご報告させていただきますので、近隣の方々のご迷惑になるので ひとまずおかえりくださいませ、宜しくお願い致します。」と、都内にある海老蔵の自宅前の報道陣に呼びかけた。報道陣は100人以上に達しており、警察が出動して整理する事態になっている。


 海老蔵は8時53分にこの日5本目のブログを投稿。「なるべく」と題し、植物にやる水に小さな虹がかかっている写真を添えて「虹、なるべくいつも通りに過ごします。」とつづった。海老蔵はこの日、東京・シアターコクーンで自主公演「ABKAI2017~石川五右衛門 外伝~」の昼夜2公演が予定されている。


 海老蔵の妻でフリーアナウンサーの小林麻央(34)は、がん闘病中。麻央、姉でフリーアナウンサーの小林麻耶(37)の公式ブログはいずれも、今月20日が最新の投稿になっている。


海老蔵、「人生で一番泣いた日です」公式ブログで何かが起きたことを示唆/芸能/デイリースポーツ online



市川海老蔵 眼に見えない大切なもの (Grazia Books)

市川海老蔵 眼に見えない大切なもの (Grazia Books)




 



海老蔵さんのブログにはこう書かれていました。



『人生で一番泣いた日です。


マスコミの方々もお察しください。


改めてご報告させていただきますので、近隣の方々のご迷惑になるのでひとまずおかえりくださいませ、


宜しくお願い致します。』



 


辛い闘病生活だったと思います。


癌が顎に転移して、即自宅療養だったので末期だったとは思いますが…。


 


 


海老蔵さんの会見では
最後に
「愛している」
と、言われたそうです。


 


 


 


麗禾ちゃん、勸玄くんを残して去ってしまいましたが


子供たちも舞台の道に進むのでしょうね。



「去年の誕生日は入院していて、お見舞いすらかないませんでした。だから、今年こそはみんなでお祝いしたいと、勸玄くんは麻央さんの誕生日をたいへん楽しみにしているんです。宙乗りは麻央さんへのエールの意味があるのでしょう。それに応えるように、麻央さんの当面の目標は『勸玄くんの宙乗りを観に行くこと』になりました」(前出・梨園関係者)


勸玄くんの決断はさらに思わぬ事態をもたらした。弟に触発されて麗禾ちゃんも舞台に立ちたいと言い出したのだ。


「自分もママにいいところを見せたいと思ったのでしょう。でも、『七月大歌舞伎』で上演される演目は歌舞伎界のしきたりで女の子は出られない。じゃあ今月から始まる『ABKAI』に出そうという話になりました。すると、勸玄くんがこっちにも出たいと言い出した(笑)。結局ふたりで出ることになったそうです」(前出・知人)


「ママにいい所を見せたい!」


そんな微笑ましい“意地の張り合い”に麻央は力づけられたに違いない。



 


小林麻央“iPadで筆談”闘病のママを支える勸玄くんの決断 | エンタメウィーク



スポンサードリンク