f:id:freedomyome:20170621012036j:plain


嫁は長時間外にいると、すぐ具合が悪くなってしまう。


そのため、この日も尋常じゃなく具合が悪かった・・・。


 


フラフラになりながら吊革に捕まる嫁。


冷や汗もかいている。


 


ふと、顔をしたにやると


前の人と目が合った。


 


嫁が具合が悪いのに気づいているようだ。


席を譲ろうか、どうしようか・・・


前に座っていた若い兄ちゃんはそんな雰囲気を出していた。


 


「○○駅~ ○○駅~」


と、電車が止まり、プシュ~と、扉が開いた。


若い兄ちゃんが立ち上がり、「どうぞ」と嫁に席を譲ってくれた


 


その時であった


f:id:freedomyome:20170621012040j:plain


座ろうとした時、ババァが男を押しのけてきた


は?


え?


そんなんずるいでしょ


と、突然ババァが癇癪(かんしゃく)を起こし始めた。


要約すると、おばさんには譲らないけど、若い子には譲るんでしょ的なことを言いたいらしく


もっと分かりやすく言うと、私に座らせろという事だった。


 


嫁も、しゃべる元気も無いし、何よりめんどくさかったので


おばさん座っていいですよ


 と、席を譲った。


 


しかし・・


f:id:freedomyome:20170621012045j:plain


周りがザワザワし始めた。


 


「明らか具合悪そうだったのにね」


 


「あのおばさんこわい」


 


「普通あんなことできないよね」


 


嫁も反論したかったが


「具合悪いんで座らせて下さい」なんて言えないぐらい体調が悪い。


 


f:id:freedomyome:20170621012049j:plain


ザワザワに耐えきれず


一駅でババァが無言で立ち上がる!


 


しかし、嫁の降りる駅はあと一駅だったので、嫁は立ったまま


一駅の為に座って立つという動作をする方が辛かったのだ。


 


嫁が座らないので、ババァが文句を言いに近づいてきた。


f:id:freedomyome:20170621012056j:plain


なんで座らないの!私が譲ってあげてるのに!


あなたがあからさまに具合悪そうだから私が譲ってあげてるのに!


めんどくさいから無視する嫁。


しかも譲られてはいない


 


5分間ぐらいずっと言われ放題だったのだが


 


いい加減嫁もむかついたので


f:id:freedomyome:20170621012100j:plain


 「五月蝿い」


具合が悪い時に、横でギャーギャー言われて


本当にきつかったようだ。


 


ババァはムッカーーという顔で、顔が真っ赤に!


そのまま黙り込んだ。


 


周りはココロの中でガッツポーズ


「おー」やるじゃん的な言葉もちらほら。


 


車内がひとつになった瞬間であった。


 


というのが、スカっとする話でした。


 


嫁はその後、電車を降りた。


 


それではまた明日


ではでは~!



おばちゃんクラッシュ

おばちゃんクラッシュ




 



 


スポンサードリンク