旦那です。


この週末は映画三昧でした。見た映画は


デッドプール、トゥルーマン・ショー


デッドプール (吹替版)トゥルーマン・ショー [Blu-ray]


ファイト・クラブ、スーサイド・スクワッド


ファイト・クラブ [Blu-ray]スーサイド・スクワッド(吹替版)


の4本でした。


こちらの4本をこれまで10000本ぐらいの映画を見てきた嫁と感想を書いていこうと思います。


まずはファイト・クラブから(ネタバレあり)


ファイト・クラブとは



物語は、「僕(I)」の視点で進行する。「僕」(エドワード・ノートン)は、自動車会社に勤務し、全米を飛び回りながら、リコールの調査をしている平凡な会社員である。何不自由ない生活を送っていた。一方で、僕の精神の方は一向に落ち着かず、不眠症という大きな悩みがあった。


僕は、精神科医者に苦しみを訴えるが、医者から「世の中にはもっと大きな苦しみを持ったものがいる」と言われ、睾丸ガン患者の集いを紹介される。そこで僕は、睾丸を失った男たちの悲痛な告白を聞くと、自然と感極まり、これを契機に不眠症は改善した。


これが癖になった僕は、末期ガン患者や結核患者などの自助グループにニセの患者として通うようになり


そんなある日、出張中に自宅のコンドミニアムで爆発事故が起こり、買い揃えた家具もブランド衣服もすべてを失ってしまう。タイラー・ダーデン(ブラッド・ピット)に救いの手を求めた。バーで待ちあわせたタイラーは、僕とは正反対の性格で、ユーモアあふれる危険な男だった。タイラーは、バーを出た後、駐車場で僕にある頼みをする。「力いっぱい俺を殴ってくれ」。そして、僕と彼は、ふざけ合いながらも本気の殴り合いを始める。


殴り合いでボロボロになった二人は、痛みの中で生きている実感を取り戻した気になった。以後、二人は、ときどき同様の殴り合いをするようになり、それを見ていた酔っ払いが殴りあいに参加し始め、やがて駐車場での殴り合いは毎晩のように行われるようになる。そのうち、場所を地下室に移し、大勢の男達が集まる1対1の「ファイト(喧嘩)」を行う秘密の集まりへと変わっていった。タイラーは、これをファイト・クラブと呼び、全員が公平に殴り合いに参加するためのルールを作っていった。


ファイト・クラブ (映画) - Wikipedia



 



ストーリーをざっくりと


嫁からの事前情報だと、格闘場で戦うっていうストーリーだから、刃牙みたいな感じだと思ってたら、全然違ったw


せやな。そもそもの話がむずかしいんだよね。


まさかの展開っていう感じではあったよ


洗脳とかもすごいからね~


ざっくり言うと、色々あるけどなんとなくハッピーエンドで終わった感じ


全部は手に入らないんだよ


2回目を見ても別の面白さがある映画だね


主人公は心の病を患ってたんだけど、それを全く作中に見せようとしないところが考えさせるところだし面白い部分だよね


 


主人公は特殊な病気


本人も全く気がついてないから、知らないところでストーリーが進んでいく


これで主人公も視聴者も置いてけぼりにされる部分はあるんだけど、最終的に全部繋がっていくのも面白い。


この作品ってミステリー??アクションではない


結構心理戦な感じだからね。


ファイト・クラブっていう名前に騙されてる感じはある


ただの格闘映画って感じだもんね。だからタイトルで見てない人も多いと思う


ちなみに嫁はこの作品についてはどう思うの?


主人公が究極に追い詰められたから、ああなっちゃったと思うんだけど


追い詰められて自分を解放したくなったというか、だからきっとあんな風になったと思うんだけど、それを最終的に救ったのってヒロインだと思うんだけど


…結局ラブストーリーで終わったよね。


嫁的には何点ぐらい??


うーーーーーーーん、話の中だるみ度はすごいと思うの。でも、話しを理解した後は、中だるみしたものを全部取り戻してくれると思う。なるほどなるほど!って発見がめっちゃ気持ちいいから、中だるみ点はやばいけど、後半のスピード感とか、話が意外にややこしいじゃない?でも最後は理解できるじゃない?意味わかんないけど、最後で全部回収してくれるから、あと実際にある病気だし、リアリティもあるから、うーーん


72点


結構高いね。


後半持ちこたえたね


後半一歩どこかで間違えてたら即効50点台だったかな。だけど、予想外が多すぎるっていうので72点かな。


 


ファイト・クラブ


72点!



ファイト・クラブ [Blu-ray]

ファイト・クラブ [Blu-ray]




 



嫁は1万本以上映画を見ているので、72点ってかなり高いと思います!


 


こんな人にオススメ!



  • 中二病系が好きで、最後までちゃんと映画を見れる人

  • サイコパス系が好きな人

  • ひぐらしがなく頃にが好きな人にも

  • カップルで見る映画ではない。

  • 友達とかと見るのも面白いかも


 


 


ということで、興味が出たら是非見てみてくださいね!


他の映画感想はこちら