旦那です。


いきなりですが旦那は喫煙者です。


数年前、巻きタバコというものをやってみようと思い、色々試行錯誤をした話しをしたいと思います。


ただ、グーグルアドセンスはタバコ紹介等がNGなので、おそるおそるやってくよ!


怒られたら速攻消すんだからね!!


 


巻きタバコとは


一般に売ってるタバコと同じように、火をつけて吸うものです(ヤバイもんじゃないですよ)


f:id:freedomyome:20170322151859j:plain


普通のタバコは既に完成されているもので、20本で400円~ぐらいの値段


巻きタバコは、タバコを自分好みにカスタマイズ出来る最強のタバコなのだ!


しかも20本計算で考えると、150円ぐらいと値段もお得!


フィルター、紙、シャグと別々で売っているので、カスタマイズが出来る!


 


巻きタバコのメリット・デメリット


メリットは、もうね、市販品よりも階級が違う感じ。


しかも市販品より安い。


これが個人的な感想です。


 


デメリットとしては


タバコが吸いたい時に巻かなければいけないという手間


売ってる店が限定される


湿度調整の必要がある(あとで説明します)


といった感じでしょうか。


 


巻きタバコの楽しさ


タバコを吸ってる人は、自分が好きなタバコがあると思うのだが


巻きタバコはより自分の好みの味に近づけることが可能です。



  • シャグ(葉っぱ)


 


の3つで構成されているタバコですが、全部自分の好みを探すという楽しみもあります。


 


フィルター


口につける部分のやつ。フィルターが無くてもタバコは吸えますが、葉っぱが口の中に入ってきたりするのであったほうがいい。


 


ZIG-ZAGの太めのロングフィルターが旦那は吸いやすい。


他にはスリムフィルターだったり


メンソールフィルターだったり


ZIG-ZAG以外のフィルターも沢山あります。


RAWはフィルターが柔らかくて、マシュマロみたいな感じ


フィルターだけでもかなり数がありますが、まぁフィルターだから


口に合う大きさのフィルターが良いと思います。


他にはプチッって潰れる玉が入ってるフィルターなども売ってます。


 



紙は大事な部分です。


紙が違うだけでタバコの味が変わってきます。


ティッシュみたいな感じで紙が詰まっていて、使う時に紙を引っ張る感じです。


紙だけでもかなり種類がありますが、紙は100円前後なので色々試してみるのもいいと思います。


紙も、素材の味を楽しめる紙だったり、普通のタバコのような紙だったり、味がついているものだったり様々です。


巻きタバコっぽいのだと、RAWとか。(素材の味を楽しめる紙。のりが少ないので巻く時にコツがいる)


燃焼速度というものもあって、紙によってかなり長く吸えるものもあります。(あとで説明します)


 


旦那が使っている紙はZIG-ZAGのリコリスという紙


紙を巻く時に、巻いた後紙と紙を止めるための「のり」が付いているのですが


そののりが甘いから楽しい。


あと紙が黒くてかっこいい。


のりが甘いので、ほんのりした甘みが心地よい。という感じです。


 


シャグ(葉っぱ)


一番大事な部分!タバコの味を決めるものです。


シャグも様々な種類があり、チェリー味やチョコレート味、バニラ味などフレーバー系のものも多いです。もちろん普通のタバコの味のものも沢山売っています。


ゴールデン・バージニア

f:id:freedomyome:20170322154104j:plain


旦那が一番最初に買ったシャグ。癖もない感じ。


RAWクラッシクシャグ

f:id:freedomyome:20170322153909j:plain


「巻きタバコ感」を味わいたいならこれもいいかもしれない。巻きタバコと言えばRAWというイメージかなー。


ドミンゴ・チェリー

f:id:freedomyome:20170322153910j:plain


癖つよい。ドクペとかを好んで飲む人なら合うかも?なんていうか日本人向けじゃない感じ。


コルツ ・バニラ

f:id:freedomyome:20170322154147j:plain


癖つよい。すっげーバニラ。6畳の空間でこれを吸うと、部屋全体がバニラの匂いに包まれるぐらいバニラ。サブとして持って歩いてる。


ドラム

f:id:freedomyome:20170322153908g:plain


旦那のメインシャグ。無敵。


 


ちなみに旦那のシャグの保存方法はジップロックなので、かなりヤバイ。


 


ローラー


ローラーはバラバラなタバコ達を巻くための機械です。


ローラーも種類がいっぱいあるけど、あんまり色んなものを使ったことがないのでざっくり紹介します。


柘製作所(tsuge) ジグザグ レギュラーサイズローラー #78561


 


ジグザグのやつ。この、絵と絵の間がパカって開くようになっていて


そこにフィルターとシャグを詰めるのよ


f:id:freedomyome:20170322155728j:plain


f:id:freedomyome:20170322155730j:plain


で、のりを湿らせて、くるくるくる~って巻いていくと完成!!


あとは火つけて吸うだけ!


 


燃焼速度とは

簡単に言えば大体タバコは5分ぐらいで吸い終わるけど


10分吸えたり、3分だったりと、タバコによっても燃える速度が違います。


巻きタバコは調節出来ます。


なので、自分好みの味にして、燃焼速度を調節すればもう大満足ですよ。


燃焼速度の調整は、紙で調節するほか、シャグ(葉)の量でも調節できます。


 


市販タバコと巻きタバコの決定的な違いとは


市販タバコは、長期保存が出来るように、保存料がかなりはいっています。


それと、葉っぱがカラッカラなんですよ。なのでその分、辛いんです。


巻きタバコは長期保存ではなく、素材の味を楽しむ感じなので、自分で湿度調整をしなければいけません。


そのため、巻きタバコのシャグは湿っています。


これが市販品との決定的な違いですね。


もうね、コンビニの弁当のごはんと、炊きたてごはんぐらい違うからね!!


スターターセットなども売っているので、最初はそういったものを買ってみるのもいいと思います。慣れてきたら必要なものだけを揃えていけばいいし。


 


巻くのが面倒な方は!!


パイプだ!!


吸ってる見た目も渋いし、巻きタバコのシャグをつめて火をつけるだけ!


 


もっと若さを出したいなら、シーシャかな。


水タバコというやつです。りんごの味とかそういったフレーバーを楽しむタバコ。


ただ、これは流石に持ち歩けません。


なので、小さい電子シーシャというものも売ってます。


 


シーシャはシーシャで良さがあるので、また違った感じで楽しめます。


 


この記事さー!グーグルさんに怒られないかね!?


アドセンスに引っかからないようにしてるんだけど!!


 


それではまた。


ではでは~!


スポンサードリンク