旦那です。

suits-womanさんから取材を受けました。


暴行、性被害……壮絶な児童虐待を受けながら成長した女性の「今」~その1~




その1に関しては、旦那一言もしゃべってないですね‥
その2では喋ってます。



暴行、性被害……壮絶な児童虐待を受けながら成長した女性の「今」~その2~




今年の4月から虐待について描き始めて、12月に描き終えたのですが
問題なのは、嫁は何十年も苦しんでいるという事。


学生のイジメとかも同じで、大人になってもその頃のトラウマで苦しんでいる人がいる。
でも、周りは軽視するんですよね


「まだそんな昔の事で苦しんでいるの?」って。



だからこそ、嫁は私に虐待の記事を描いて欲しいと言ったのかもしれません。

実際、嫁と出会うまで
本当に、テレビの中の世界の話だと思っていました。


虐待って身近にあるものだけど、大人も子供も隠すのが上手い


だから、誰かが救ってあげなくちゃいけないんです。



この話を公開してから、心無いコメントを沢山送ってくる人もいて
嫁はそれでもかなり傷つきました。

でも、それ以上に嫁を支えてくれる人が沢山いて
本当に助けられています。



生きづらい世の中で、必死に生きてる人が沢山いる
みんな前向いて生きていける世の中になって欲しいです。



kindle版は12月27日に発売です。
紙の本は発売中です。




suits-womanの記事より引用

嫁「いろんな経験をされた人がいると思いますが、過去は過去です。本当に壮絶な体験も、心の傷も、自分で徐々に乗り越えていくしかない。だって、未来に進んでいけば、幸せになれるのですから。『児童虐待サバイバー』で、私はそのメッセージを発信しましたが、今後も、ブログで作品を発表していきます。ぜひ読んでいただき、虐待を受けた経験がある人は助けを求め、社会の人は手を差し伸べて欲しいと思います」




発売中!(初めから読む


読者登録する